おしるこの作り方

だらだら書く

大人がゲームをやめる理由

はじめに

ゾンビランドサガ面白かったですね!(宣伝

それはそれとしてタイトルなんですけど 別に世紀の大発見でもなんでもなく考えれば当たり前のことが実感として湧いてきたので なんとなくブログに書いとこうかなと。
実感が湧いてきた理由としてはいくつかあるんですが 僕は修士になり、周りが就職したというのは大きいと思います。

大人がゲームをやめる理由

大きく4つあると思います。
私が実感としてあるのは4つめが特に大きいですね…

1.ただただ飽きた

まあこれは大人だろうが子供だろうが関係ない。
趣味に飽きることだってあります。
ゲームは沢山種類あるし飽きづらい方だとは思いますが。

2.忙しくなった

仕方なし。
周りの人間を見てても平日はガッツリやる時間は取れてなさそうかなという感じがします。
ゲームの種類にもよりますが集中力が必要なゲームとかは会社で疲れて帰ってきてからやるのはなかなか辛いんじゃないでしょうか。
あとはずっと続けてきたけど忙しい時期にログイン出来なくなってそのままやることが癖じゃなくなってしまったとかは起こりうるかなと。
私もスマブラが発売されたときは有給取ったマンが周りにいたので0時から遊んでいましたが結局月曜以降にオンラインでプレイする回数っていうのは多くなかったです。
周りも学生の頃なら平日も毎日3時までプレイしてたはず。

3. 環境が変わった

簡単に言うと家族等が出来ることによるものですね。
周りに迷惑をかけないことは大切です、リアルは最優先。
私の周りでいうと先輩が彼女と同居してから夜中にボイスチャットしながらのプレイが出来なくなったとかがあります。
相手もゲーム好きで一緒にやるとかならともかく一緒に住んでる相手がずっとゲームしてたらそれはキレてもいいと思う。
仮に子供が生まれたりすると時間を取るのが難しくなることもあるでしょうし。

4.周りの人がやらなくなった

これはゲームのコミュニケーションツールとしての側面が影響していると思います。
ゲームの遊び方にもよりますが、対面でワイワイやるのが好きな人とかボイスチャットしながらプレイするのが当たり前の人たちはたぶんゲームの面白さに加えて誰かと話すことの楽しさが加わっている状態なのでその相手がやらなくなるとそのゲームの面白さを半減して感じてしまうのかなと。
あとはプレイしているゲームの話を会ったときにするとかもありますね。
要は2,3番に当てはまる人が周りの一緒にプレイしていた人が多いと起こりうると思います。
私の場合一緒にやる相手がいないと全然プレイしないタイトルっていうのが幾つもあります。誘われて買ったゲームや人を誘って買ったゲームは特に。

お前ゲームやめるの?

やめる気はさらさらないけどプレイするゲームのジャンルが変わっていきそうな予感。
一人でやる時間が増えてきているのも事実なので2DアクションとかRPGの買い切り系のゲームが増えていくかなと。
中学生のときにFPSを始めてからオンラインゲームをメインでやってきたとこありますけどカービィとかスタフィーは割とやっていた方なので2Dアクションはたぶん好き。
昨日セール中なのに気づいたので前から気になっていたHollowKnightってやつをsteamで買いました。冬休み中にクリア出来たらいいなぁ。

おわりに

楽しけりゃなんでもいい。